Q&A

びわ葉温圧療法とはどんな治療法ですか?
枇杷の葉を用いたお灸です。その温熱でツボをシゲキして、血行をよくし、カラダをあたためヒトのカラダが本来持っている自然治癒力を高めるサポートをします。
熱くないですか?
お灸はヤケドしなくても効果のあるような方法を行いますので、ほんのり温かさを感じますが熱くはありません。
また体調を見ながら施療しますのでご安心ください。
熱いほど効果がありますか?
お灸は熱ければ熱いほど効果があるというのではありません。
ほどよい温熱でツボをシゲキすることで効果が現れます。
毎日施療してもいいのですか?
お灸は自然治癒力を高めることで病気になりにくい体をつくります。
施療師と相談しながら回数を決めていくといいでしょう。
いつ施療したらいいですか?
入浴前後、食事直後、飲酒後、発熱時を避けていただければいつでもかまいません。
当日の服装は?
リラックスできる服をご用意ください。
施術にあたりましては、ネックレスや大きめのイヤリング類など施術の妨げになりますので事前にお外し下さい。
当日何を持っていけば良いですか?
既往症のある方は、施療の参考にしますので、検査結果、カルテなどをご持参ください。
治療時間はどれくらいかかりますか?
施療は30~50分くらいが適当です。
また体調を見ながら施療しますのでご安心ください。
改善したい症状がたくさんあるのですが?
効果が出るツボは1つではありません。施療師が丁寧に各症状をお伺いし、最善の施療を行います。
漢方や薬の服用をしていますが、大丈夫ですか?
漢方や薬の服用と施療を併用されても、基本的に問題ありません。
施療を併用されることで、症状の改善を早めるなどの相乗効果が多くみられます。
ご心配な方は施療師にご相談ください。
妊娠中にお灸をしてもいいですか?
自分でお灸をすることはさけて、医師または施療師にご相談ください。
生理の時に施療を受けても大丈夫ですか?
生理の時に施療を受けても問題ありませんが、生理前から生理間はお灸の刺激が強く感じる方もいらっしゃいますので、気になる方は生理のタイミングを避けた方が良いかと思います。
施療を受けた後に注意することはありますか?
身体の血液循環を良くする効果があります。次の事に注意をしてできれば早めにお休みいただいた方が、施療の効果もあがります。

入浴:普段よりも短時間かシャワーなどで軽めにすませる。
飲酒:できれば控えていただく。
運動:激しい運動は控えていただく。

最終更新日:: 2016/10/25 17:20| 表示回数: 465